人につまずきを与える私は、人からつまずきを与えられる。
私は心の中で絶えず、他人のつまずきを望んでいる。
わたしは偽善者だ。邪悪だ。絶えず、他人のつまずきを心密かに望んで、心の底で嘲笑している。わたしは偽善だ!邪悪だ!私の憎しみに満ちた思考と概念と本性は絶えず、他人の失敗を願い、自らの失敗を恐れている。故に他人のつまずきを切望する。なんと卑怯者で、堕落し、サタンの僕であることか!私は死ね!他人のつまずきをせせら笑い、密かに望む私は死ね!
お前のその邪悪な「つまずきを与える妬み」よりは、お前のその好色で淫乱で醜い姿がお似合いだ!

『それゆえ、今後わたしたちは、互にさばき合うことをやめよう。むしろ、あなたがたは、妨げとなる物や、つまずきとなる物を兄弟の前に置かないことに、決めるがよい。』【ローマ人への手紙 第14章 第13節】

私はつまずきを与え妬みを持った私を警戒する。