生きていくしかありません。私の人生の半分以上が私に偽証して生きてきたのです。ただその偽証を明かすと、それはサタンを受け入れることになるのです。私の心の中の善と悪が絶えず、私の心の中で戦っているのです。私は一時期、その悪に打ち勝ったかのように見えました。私の善が私を聖者のごとく、正しく、正直に生きている様に見えました。しかしそれはまやかしでしかありません。私の心の中のサタンは私の心の片隅で密かに潜伏していたのです。
そして今また、そのサタンは私をふしだらで強欲で、好色で、大淫婦バビロンの様に私を堕落させるのです。私はサタンに負けたのです。私は人間です。神が創造した人間です。神は私を創ったのです。そして神は私の罪を贖うために私の心にサタンを棲まわせているのです。

私は私の罪を贖うために、神の指示によってサタンを受け入れます。私の心にサタンを棲まわせた神の命令に従います。そしての奇すしい業をおこなう神を恐れます。サタンが棲まう私でさえ、神は私をお創りになったのですから。私は永遠に贖います。