私は私の罪の中での快楽で満足なのです。私の罪は永遠に贖われません。なせなら私がその罪を切望し、サタンへの堕落を受け入れているからです。故に私の罪は私から逃れる事が出来ないのです。ならば、神よ!その罪の中でわたしをお許しください。その快楽の中でサタンと共に投獄してください。私の罪をサタンと共に封印してください。それが私が生まれてきた罪の贖いです。
『知恵のない者はむなしい知識を持ってしか答えない。東風によってその腹を満たすだけだ。知恵のない者は無益な言葉を使って論じ、役に立たない論法で論じるだけである。』