ヒトラー暗殺を試みた正義のドイツ人の映画です。
もう何回も見ましたが、最後のシーンで銃殺する側、つまりヒトラーを崇拝している側も涙を堪えている場面があります。
実は、彼らヒトラー側の兵士もその心の奥底にヒトラーへの疑問を持っていたのでしょう。
然し、なぜ、彼ら(ヒトラー側の兵士)がヒトラーの命令に従ったか?戦争に勝つと言う一抹の望みをまだ抱いていたのだろうか?
天皇の悪あがきに似ている。

You did not bear the shame
you resisted
sacrificing your life
for freedom, justice and nonor