『懺悔の言葉』神への贖い

自由を否定し、自由を奪い、自由から目を背ける者は、何れ、自由によって裁かれる。個人を否定し、個人の自立を奪い、個人の権利から目を背ける者は、何れ、個人によって裁かれる。真実を否定し、真実を隠蔽し、真実から眼を背ける者は、何れ真実によって裁かれる。それらに対して、沈黙する人々もまた同罪である。 No Justice ! No peace ! 正義とは 「善に基づいた行動、良心に従った発言」 自由とは 「自分を愛するように貴方の隣人を愛する事」 『主の目はどこにでもあって、悪人と善人とを見張っている』【箴言 第15章 第03節】

真実を追求します。それは宗教や信仰ではなく、科学的、倫理的、哲学的根拠で求める事です。自分を愛するように貴方の隣人を愛しなさい。

決して許してはいけない

日本人は利己主義者に寛容である前に、邪悪に対して残酷になるべきだ!その邪悪とは、利己主義者である。邪悪安倍晋三を支持容認してきた利己主義者を決して許してはいけない。

私の贖い

お前のその嘲笑やせせら笑い、猜疑心、人を蔑む心やその視線はすべてお前の罪から派生している。お前が罪人であることは、お前のその浅ましく、卑しい心が証明している。贖え!罪を贖え!お前の荒んだ罪を贖え!

愛を知らない人々

愛されていない女は憐れだ!
愛することのできない女は惨めだ!
愛されていない男は孤独だ!
愛することのできない男は臆病だ!
愛を知らない人間は災いだ!

哀れな日本人

愛を知らない人々(日本人)に、それを語っても彼らはそれを理解できるはずもない。なぜなら、彼らは愛を知らないのだから。

幼稚な国民意識

今の腐敗と堕落は安倍内閣の問題ではない。安倍晋三自民党を選んだ日本人の問題なのである。「私は選挙に行かなかったから自民党に投票していない」と言う。しかし、その愚かな言い訳は間接的に安倍晋三自民党を選んだことになるのだ!理由は簡単だ!今の現状を見回せばすぐにわかるだろう?愚民の権利放棄によって腐敗と堕落の国になっているではないか!

日本人として生まれてきたことを謝る

正しいもの、真実なのも、美しいものを知らない日本人として生まれてきたことを、全世界に謝罪します。
私は生まれてきてはいけなかったのです。私の虚偽や偽証や傲慢や軽蔑が正しい人を悲しませるのです。私は多くの不正を行ってきました。そしてその多くの不正は私の残りの人生で贖うことはできません。私は日本国で日本人として生まれてきたことを謝罪します。



忘れてはいけない

自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい。

決して忘れてはいけない。

日常に埋もれて行く感情。
利己的、恣意的感情を抑する為に、愛を決して忘れてはいけない。

愛はすべての正義と公義と道義の原点なのだから・・・・。


嘘と欺瞞と利己主義まみれの日本

もはやこの国に真実も正義も存在しない。
メディアは無能な戯言の垂れ流し。
企業は歪な管理者が歪んだ部下を使って、正しい人を歪めさせる。
駅では多くの絶望者が列車に飛び込む。
居酒屋では、能天気な無思考者どもが不正と出鱈目に高笑いし、私欲を肥やす。


もはや、聖書の中にしか真実は存在しない。存在しない。存在しない。

誰も知らない私の悩み

人の精神を果たして科学で究明できるだろうか?今、私が考えていることを例えば何かの装置を使って言語化できるとか?何かの装置を使えば、人の思考を読み取れるとか?
そういえば、昔、NHKで「七瀬ふたたび」という筒井康隆が書いたSFをドラマ化しているのがあって、その中で人の心を読み取れる、という設定があったな?トム・ハンクス主演の「グリーン・マイル」も同じような人の心を読み取れるという映画だった。人の心を読み取れる、そういえば、新約聖書の中のキリストも人の心を読み取れてたな。
しかし、そこに科学的根拠は一切見受けられない。

故に「誰も知らない私の悩み」となるのだろう・・・・。

Nobody knows the trouble I've seen
Nobody knows my sorrow (or Nobody knows but Jesus)
Nobody knows the trouble I've seen
Glory hallelujah!

ただキリストは私の悩みを知っているし、私の淫行、汚れ、放蕩、敵意、争い、嫉妬、怒り、利己心、分裂、分派、妬み、泥酔、馬鹿騒ぎを知っている。
その悩みをキリストが解決してくれるのだろうか・・・・ただ主のみ我を救う。

私の罪は贖われない

なぜ私は神に背く?神の正しい言葉に背く?本能?快楽?欺瞞?欲求?神に背くと解りながらなぜ背く?その科学的理由を宗教的ではなく、解明すべきでは?
なぜ私は本能や快楽、欺瞞、欲求によって神に背くのか?それは神に背いたのではなく、私自身に背いたのだ!私自身は神の創造物であり、その私の意志は私であるのだから、その罪は私に背いたのだ!それはすなわち、神に背いたのだ!私は私の存在がある限り、神に背き、その罪は私が陰府に落ちても、なお、贖われない。それは私が神の創造物だと知りながら神に背いた贖いだからだ!
私は死ぬのが怖い。なぜなら神はわたしを救ってはくれないし、救うはずもない。私は永遠の罪人だからだ!
買い物リンク
就職、教養、就労支援
プロフィール

啓示を知る者

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

レンタルサーバ/HP作成
  • ライブドアブログ